スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

日本は本当に独立国家なのか?〜日米地位協定から考察〜

 

JUGEMテーマ:自分が読んだ本

 

日本は本当に独立国家なのか?〜日米地位協定から考察〜

 

日米地位協定

(条文と内容例)

「合衆国は、日米安保条約第6条の規定にもとづき、日本国内の基地の使用を許される。」

日本国内なら、どこでも、米軍の基地を設置する事ができる。

 

「日本国の当局は合衆国軍隊が使用する基地の外において、合衆国軍隊の構成員もしくは軍属またはそれらの家族を犯罪の既遂または未遂について逮捕することができる。しかし、逮捕した場合には、逮捕された一または二以上の個人をただちに合衆国軍隊に引き渡さなければならない」

犯罪者及び容疑者が米軍の基地内に逃げむと、日本の警察では逮捕できない。また、例え逮捕したとしても、日本の法律では裁くことができない。いわゆる、治外法権である。

 

第2条3項「合衆国軍隊が使用する基地は、この協定の目的のため必要でなくなったときは、いつでも日本国に返還しなければならない。合衆国は基地の必要性を前期の返還を目的としてたえず検討することに同意する」

基地の返還については、アメリカの都合で行われる。

 

日米地位協定、この協定は文字通り、日本とアメリカとの関係を取りまとめたものである。

 

簡単に表すと「アメリカが占領期と同じように日本で行動するためのルール」このルールを考えると、日本は今だにアメリカの占領期と同じ状態にあると言うことになる。

 

この日米地位協定こそ、あまり知られていないが、日本国内では事実上の最高法規になる。最高法規は日本国憲法のはずであるが、これは建て前にしかすぎない。

 

現在日本において、(2016年)米軍の基地をめぐる様々な諸問題が出ている。米軍基地に関する事、米兵の犯罪、米軍機の墜落、騒音、オスプレイ、思いやり予算、などなど多数混在している。

 

米軍が絡む諸問題は、日本人の人権を大きく侵害する事例が多い。日本人同士の問題なら、日本の最高法規である日本国憲法のルールにのっとり、対応されるのだが、対米軍になると、日本の国内の問題であっても、日本のルールが通用しない。

 

米軍の蛮行に対して、日本は何も言えないのか?どうも日本は米軍の言いなりで、疑問が多い。なぜ、日本はアメリカの言いなりになっているのか?

 

その答えは簡単

日本はアメリカの属国で、独立国家ではない。こう言えば全てのつじつまが合い納得できる。この取り決めが、日米地位協定である。

 

日米地位協定>日本国憲法>国内の諸法律

 

アメリカの人権侵害を許さず、真の独立国家として日本が歩んでいく事を願う。自分自身には何ができるのかを考えたとき、このあまりにもひどい、日米地位協定の事を伝える事だと感じている。

 

詳しく日米地位協定について学びたい方は下記の本がお勧めです。